スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥栖セミナー・朝日カルチャーセミナー最終ご案内

来る11月30日(日)に佐賀県鳥栖市のサンメッセ鳥栖にて笠原院長が講演致します!

こちらの講演は一般の方向けですので、どなたも気軽にご自分の健康について勉強できると思います(●^o^●)

内容は   1、膝・腰・首の慢性痛
       2、自律神経失調症(うつ・パニック症)
       3、生活習慣病
 
もしもこの中で当てはまるものがあり、人知れずお悩みの方がいらっしゃったら、ぜひ特に九州方面の方は、滅多にない機会だと思いますので、ご参加お待ちしております!! 

まだ若干ですが空席がございますので、改めて皆さんにお知らせさせて頂きました(*^_^*)♪

鳥栖セミナー

■お問い合せ
特定非営利活動法人日本ホリスティック医学協会 福岡事務局 浜田
〒814-0153 福岡市城南区樋井川2-26-6-202
Tel&Fax.092‐873‐5100


加えて、12月6日(土)には、新宿の朝日カルチャーセンターで講演を致します。テーマは『外反母趾と美の関係』+実技となっております!

こちらは10月18日(土)に『外反母趾と健康の関係』というテーマでおこなった講演の第2弾です!
前回の講演後、その講演に参加された方々が、”ぜひ笠原先生の施術を受けたい”とカサハラフットケア整体院にたくさん来院されました(*^。^*)

今回のみのご参加も大歓迎です!お申込みは今からでも間に合うということなので、みなさんのご参加お待ちしております!

朝日カルチャーセミナー

お申込みはこちらから

お申し込み

笠原先生の(と?)のこもった講演をきく機会をぜひぜひ逃さないで下さいねぇ~(^o^)/
スポンサーサイト

カサハラシューズの底力

今日は靴についてもお問い合わせをたくさん頂いた一日でした(^o^)/

靴というのは、たとえいつも履いているサイズでも靴の形や足の変形によって入らなかったり、逆に一回り小さいサイズの方がよかったり、本当に難しいものです。

直接、カサハラフットケア整体院に通ってる患者さんにはその場で試して頂けるので、サイズや具合などを見て御指導できるのですが、お電話などですと、もちろんできる限りのお手伝いはさせて頂きますが、限界があるのは事実です(>_<)


そんな中、『いつもは24,0なんだけど、変形がすごいから24,5でお願いしてもいいかしら』といようなご質問を受けることがあります。

基本的に、大きめの靴というのは足が靴の中で遊び、指を靴の内側にひっかけて歩くような”指上げ歩き”になってしまうのでオススメしていません。

たとえ変形がひどくても、炎症期ではない痛みのない方には元のご自分のサイズで選んで頂きたく思っておりますm(__)m


本日お電話頂いた方々は、もともとカサハラの靴を10年ほど前から愛用して下さっていて、その特性や履いた感覚、また履き続けた上の効果など全部ご存知でらして、 
 
『私は10年間そちらの靴しか履いてないです(*^_^*)』 
『ここ7・8年具合がとてもいいです!』などと本当にうれしいお電話でした(●^o^●)


あなたが踏み出すその一歩が、かかとからの衝撃を身体に伝えてしまうか、それともその有害な衝撃を吸収してあげるかというのが、5年10年となるとこんなに違い、また効果を実感して頂けるのだと改めて感じさせられました。

また靴は消耗品というイメージがありますが、何年も使って頂いてるとのことで、品質についてもさらに自信をもってオススメできそうです。


カサハラフットケア整体院でも、来院以前に何万・何十万とかけてご自分の足の形に合った靴や足底板をつくられても”痛くて一回しか履いていない”、”全然痛みが消えない”という悲しいお話はよくうかがいます。


カサハラシューズはお一人お一人の足に合わせてつくるものではありませんが、支点と作用点を引き締めることによって変形を最小限に抑え、かかとに内蔵されているインソールが体の上部に伝わる衝撃を吸収・無害化してくれるつくりになっております♪


また、お持ちのスニーカーなどに厚型インソールを入れてあげるのも効果的です! 


免震ウォーキングシューズ
免震インソール(厚型)

ポディストスクール最終ご案内

12月のカサハラ足裏バランスポディストスクールのお申し込み期限が迫ってきております。

既に全国からの治療院の先生方やカイロ・サロン経営の方々をはじめ、幅広い分野で活躍されている方々より、たくさんのお申し込みを頂きましてありがとうございます(^o^)/


カサハラ足裏バランスポディストスクール開催
日時:2008年12月14・15日 午前10時~午後5時
場所:14日/笠原接骨院 15日/セミナー施設

詳しくはこちら(HP足裏天国)↓よりご覧下さい。
http://www.ashiuratengoku.co.jp/008file/05/index.html


カサハラフットケア整体院には、変わらず全国各地から患者さんがみえます。
先週だけでも、滋賀・兵庫・福島・大阪・長野から飛行機や新幹線でいらして頂いて、誠に頭が下がる想いでございますm(__)m

今回のスクールの次は、2月の開催になってしまうので、治療家の先生方・サロン経営されている方、ぜひこの機会にスクールに参加されて、膝・腰・首の慢性痛、または自律神経失調症・うつ・パニック症に苦しんでいる全国各地の患者さんを助けていきませんか(*^_^*)???


なお、締切は12月1日ですので、どうぞお早めにお問い合わせ下さい(^◇^)
皆さまのお申し込みお待ちしております(^o^)/

うれしいお電話☆

今日はうれしいお電話がありました♪

今年の4月にカサハラフットケア整体院で施術を受けた8歳の男の子のお母様から、靴下の追加ご注文のお電話でした。

お話をしてる中でお子様の調子をお尋ねしたところ、
『もうそちらに伺ってからずーっとこの3本指靴下を履いてるんです!しばらくして、子どもの様子が以前とは比べものにならないくらい元気になりました!前は、運動が苦手なので生まれつきなのかと諦めていましたが、先日かけっこでなんと一等になったんです!』

と、指が踏ん張れ足裏が安定してきたことを実感されているようで、大変喜んでらっしゃいました。それをきいた我々もとてもうれしく心があったかくなりました(●^o^●)

   
本日も関西より、9歳の女の子が家族でみえました。
彼女は外反母趾の変形がひどく、他の整形外科などに通った末にカサハラフットケア整体院にいらしたのですが、笠原院長が常々言っているように”一生の足は小学校3年生くらいで決まる”ので、今この時期に足の指を踏ん張らせる訓練を始めてあげれば、まだ回復できるのだということをお伝えしました。

具体的には、3本指靴下を履くことで指を使わせるようにし、更におうちなどではご両親と”グーパーリハビリ運動”を続けることと、またホームセンターなどで買った小石を床に敷いてその上を歩くことで足裏の刺激をしてあげるようにとの指導をさせて頂きました!


彼女のよい報告がきける日を楽しみにするとともに、これからも我々は、このように悩まれているご両親とお子様のお力に少しでもなれるように努力してまいります(^o^)/


今回は、お子さんのサイズもあるタイプの3本指靴下を2種類ご紹介したいと思います!
詳しくは下記よりお願いします★

整体ソックス

楽チンウォーキン キッズ

海外からの患者さん

最近、カサハラフットケア整体院には、海外から患者さんがいらっしゃることも珍しくなくなりました。

海外在住の日本人の方が『足裏天国』といううちのホームページを見て、日本に一時帰国の際に、ぜひ笠原院長に足を診てもらいたいと来院されることが多いようです(^◇^)


ある方はニューヨークでダンスをされていて、ご自分はもとより、なかなか日本に来る機会のないむこう在住のお友達たちにもカサハラフットケアショップのグッズを買ってくるようにと頼まれて、靴下やサポーターをたくさんご購入頂きました。

また、オセアニア方面にお住まいの方はリウマチがひどく、足の変形も痛みも著しかったので、次はもういつ日本に戻られるかわからないということで、日本滞在中の短期間の間に何度か足を運んで頂き、あちらの国に帰っても自分で自分の足を治していけるようにと徹底的に指導させて頂きました!

実は今日も、アメリカの東海岸から足裏天国のサイトを見て下さって、自分が指上げ足であることに気付き、日本帰国時にぜひ商品を見てみて購入したいとフットケアショップのほうにいらっしゃいました。

確かに、親指を甲側に反らせると、甲にぴったりくっついてしまうくらい極端な指上げ足だったので、3本指靴下を履く習慣をつけることと、グーパーリハビリ運動の指導をさせて頂きました(^u^)


まだ先のお話ですが、実は来年、フットケアに携わるお仕事をされてる世界各国の人々とともに、笠原院長がアメリカで講演をする予定になっております\(◎o◎)/!

これからもますます、海外在住の日本人の方々はもとより、外国人の方にもお伝えしていけたらなぁと強く願わずにはいられません(*^。^*)


グーパーリハビリ運動

外反内反Wサポーター♪

寒いですねぇ~(;一_一)ここのところ、グッと気温が下がった気が致します!
皆様、体調管理は万全でしょうか?


カサハラフットケア整体院の患者さんの中には、来院以前から既にサポーターを購入しご愛用下さってる方も多くいらっしゃいます。

ただ、『寝てる時もつけてます』『つけてれば完全に変形が治るかしら』など、間違った認識をされていることも少なくありません(T_T)

サポーターは変形の弱い方・痛みの少ない方・予防目的の方向きで、その使い方は”室内で裸足に装着する”というのが基本です!
ですので、変形の強い方・痛みのひどい方には少し固定力が弱いかもしれません(>_<)

そこで今回ご紹介するのが『外反内反Wサポーター』です!

この商品の特徴は、親指ー人差し指の間と薬指ー小指の間にそれぞれパッドが内蔵されていることで、外反母趾・内反小趾それぞれに対応でき、甲の部分をマジックテープでとめるベルトが2重になっていることで、足裏アーチをより強力にサポートします!かかと部分もマジックテープにて調整可能です。

笠原院長曰く、緩んだ足裏のアーチを補強した上で足指を広げた状態をキープすることが足裏バランスを整える上で理想的とのことで、このサポーターは従来のサポーターに比べて、痛みのある患者さんにもおすすめできるサポーターと言えます。

こちらの外反内反Wサポーターは、発売当初よりサポーターの中でも群を抜いて大好評を頂いており、誠にありがとうございます(●^o^●)この場をお借りして皆様にお礼申し上げますm(__)m
 
詳細はこちら

外反内反Wサポーター

Wサポーター縮小no2

高校での講演

先日、笠原院長が都内の高校にて講演をされました!
高校という教育機関での講演は初めての試みでしたが、実は今回依頼を受けたきっかけがあります。

同校の養護教諭のかたがカサハラフットケア整体院の患者さんであり、ご自身のことはもちろんですが、笠原院長の指導を受けるうちに自分の高校の生徒さんたちについて思い当たることがあったそうなのです。

特に怪我をしたわけでもなく、熱があるわけでもないのに、頻繁に保健室を訪れる子どもたちが多くいるということ、中には教室に向かわず直接保健室に来て一日中留まってしまう子もいること、そして観察するうちにある疑問点に気付かれました。
   
『なぜこのような子どもたちがが増え続けてるのだろうか?原因は何なのか?』

それこそが笠原院長がいつも言っている、時代の変化・ライフスタイルの変化に伴って、今、子供の足にも大きな変化が起こっているのだ!ということです。

その変化とは子供の外反母趾と指上げ足(浮き指)という足裏の異常であり、これに伴って身体と心にも重大な異常が起こっているのです!

今回特に取り上げさせて頂きたいのが、下痢・便秘・ひきこもり・うつ・めまい・頭痛・だるさ・原因のない不調・保健室登校などの子どもの自律神経失調症状であります!

一生の足は小学校3年生くらいで決まってしまいます。この時期にこそ足裏のバランスを整え、正しい歩行をさせ、体に歪みを起こさせないことが大切なのです。

小学校5・6年生から中学生時代は運動量が急激に増えます。この時期に外反母趾や、指上げ足(浮き指)があると体に歪みが起こり、その歪んだところへ運動時に発生する突き上げ(過剰な衝撃波)や左右異なる歩き方による体のねじれ(過剰なねじれ波)が繰り返されてしまうのです。

中でも、足裏の不安定を1番補ってしまう首にそのような力が繰り返されると、頚椎と頭がい骨の間を通る自律神経に誤作動を生じさせてしまいます(>_<)これこそが自律神経失調症へと導いてしまうのです(*_*)

つまり、足裏の異常に伴い重力とのバランスが狂うと、子供も大人も全く同じ痛みや精神症状が現れるのです。


今回の公演を通して、多くの高校の先生方から、ご理解ご納得をして頂けたことを実感し、大変うれしく思います!そして、また次の講演依頼も頂きました。 

ひとりでも多くの先生が子どもたちの異変やその原因について気付かれ、理解を深めることによってひとりでも多くの生徒さんが救われることを願わずにはいられません。

O脚を治したい!

カサハラフットケア整体には、『私、O脚がひどくて悩んでるんです~』という若い女性も多く来院されます!

O脚を確実に治す方法はありますが、その前になぜO脚になってしまうのか、その原因を知る必要があります!

外反母趾や足指の力不足、足裏に不安定があると、歩く時に足先が外方向へながれるような歩き方を無意識のうちにしてしまいます(>_<)
この時発生するねじれのストレス(必要以上のねじれ)に伴い、膝の外側にある骨(腓骨小頭)や股関節内にある骨(大腿骨骨頭)の位置も外側にはみ出してしまうのです。
これがO脚の最大の原因です!

突然ですが、お相撲さんを思い出して下さい!全員膝はぴたりとくっつき、O脚は一人もいません。入門したての頃は結構O脚の人が多いのですが、激しいスポーツをする際にO脚では危険なので『またわり』と呼ばれる開脚運動を徹底的におこない、更に裸足なので足指や足裏が自然と鍛えられることで、全員O脚が治ってしまうのです(^o^)/

これをヒントに、『開脚運動』と膝を締めながら屈伸する『膝締め屈伸運動』を徹底しておこない、股関節内の骨頭の位置を正常に戻します。目標6か月で胸が床につくように挑戦して下さい(^◇^)

また、『新型のO脚サポーター』も近日発売予定なので、そちらも併用されるとより効果的です!
発売の際にはまたこちらにアップさせて頂きますのでもうしばらくお待ちください!こうご期待デス(*^。^*)

加えて、腓骨小頭部分をギュッと押さえるO脚補正機能が内蔵された『ひざまっすぐテーピングハイソックス』もオススメです!

ひざまっすぐテーピングハイソックス

膝締め屈伸運動

開脚運動

SHALL WE ダンス♪

カサハラフットケア整体院にはダンスを習っている方や講師をされている方も多く来院されます。

指上げ歩行をしていると、有害な力を首にも腰にも伝えてしまいます。
その結果、変形した腰骨に長時間中腰を余儀なくされるフラダンスで腰を痛めてしまったり、トウシューズでのジャンプを繰り返しするバレエで、かかとからの衝撃を吸収できずに上部に伝えてしまうために不調を訴えたりなど悩んでいらっしゃる方は少なくないようです(T_T)

先日は、ベリーダンスをしている患者さんがいらっしゃいました。

『足の痛みはあまりないのですが、指が上がってしまっていて親指の付け根部分の骨が少し出っ張ってしまっているんです(><)!
でも足首ガードル薄型(両足用)超薄型足先サポーターを併用すると、すごく足指がふんばれて、調子よく踊れるんです!』とおっしゃっていました。

この患者さんのケースは、足・腰・首に大きな痛みはなかったので、足首のゆるみの補強をしてあげることで、ダンスの向上につながったのです!

12月にはショーに出演するので、その時はサポーターよりカサハラ式テーピングをして踊りたいとのことでした★

その他にも、ハワイアンダンスやバレエをしてる患者さんによるこのセットでの使用は、現場の我々が驚くほど、評判がよくまた、広まっているようです!

足裏を安定させながら腰を動かしたり、重心を移動させたり、また片足でバランスをとりながら脚を高く上げたりのばしたりするダンスをする方にはかなりオススメの組み合わせと言えます!

ぜひお試し下さい!

足首ガードル薄型(両足用)
超薄型足先サポーター

学校に行かれない(T_T)

カサハラフットケア整体院には、中学生・高校生も数多く来院されてます。
先日も中学2年生の女の子が関西からお母様と二人でみえました。
また、北の方から月に1回飛行機を使ってお母様と来院される高校1年生もいます!

彼女たちに共通しているのは、『学校に行かれない』ということです。学校は好きだし、友達にも会いたい!特に何か人間関係のトラブルがあるわけでもないのですが、ただ起きて学校に行かれないのです!と訴えていらっしゃいました。
そんな彼女たちはすごく明るくてニコニコしていて我々を笑わせてくれるくらい素敵な女の子たちで、他の子どもたちと変わらないように見えます(*^。^*)

ではなぜ、彼女たちにだけこのようなことが起きるのでしょう?

今、子どもにも多い自律神経失調症は、「足と首の悪い子ども」に集中しています。そういったお子さんの足には必ず、外反母趾か指上げ足が見られるのです。
症状も大人と変わりませんが、「足と首と自律神経失調との関係」が見過ごされています。

子どもの自律神経失調症のひとつに、うつ病や著しい不安感などがあり、これが登校拒否や引きこもりなどの原因にもなっているのです。
また、下痢や便秘が頻繁に起こり学校へ行くのが怖くなったり、外出先でもトイレを確認しないと不安定になってしまう、というような症状も現れたりします。

また、自律神経は体温や血液循環も調節しています。自律神経を調節するギヤが誤作動を起こすと、体温調節がうまくいかず、低体温になってしまうのです。更に悪いことは、この低体温が原因で、代謝の悪い子どもが激増しているということです。かったるい、やる気が起こらない、マイナス思考、そして”起きられない”などの例です。

彼女たちには施術と並行して、来院できない時の指導などをさせて頂いており、先日は”今日娘が学校に行ったんです!”といううれしいお電話を頂きました。

私たちはこれからも、彼女たちが1日も早く学校に通えるようにお手伝いをさせて頂きたいと思っております!

子どもの自律神経失調症に関しましては、こちらをご覧下さい。
子どもの自律神経失調症

もこもこブーツ★

最近、巷では若い女の子たちの足元がとってもあったかそうですよね!
そう、この秋冬、中高生をはじめ20代30代の女性を中心に、『もこもこブーツ』が大流行しています(^o^)/

ハイヒールのブーツに疲れ、冷え切った足を癒してくれるおしゃれな女の子の強い味方です!
ただ、ヒールの高さがないので、ハイヒールのように背を高く見せたり、脚を長く見せたりできないことが悩みではないでしょうか?その上、ソールが薄っぺらいので、地面からの衝撃を吸収できにくいと言えます。

そこで、流行に敏感な街の靴屋さんの中にはもこもこブーツに入れるためにインソールを発売しているところもあります!

ただ、入れるなら『地面からの有害な衝撃を上部に伝えないように吸収・無害化』してくれるインソールを入れて頂きたいと強く願っています(>_<)

そこで本日ご紹介したいのは『厚型免震インソール』です!カサハラフットケアショップのインソールは、人工筋肉素材でできており、かかと部分は厚さが7ミリもあります!
フラットタイプなので、素早く変形→ゆっくり復元の仕組みで、圧力を均一に分散してくれるのです。

笠原院長曰く、『小さな衝撃の繰り返しが全身のダメージにつながるので、視力が衰えたらメガネをかけるように、足裏のクッション作用が衰えたらインソールを入れる!』とのことで、これを心がけて頂きたく思います!

免震インソール

超薄型足先サポーター

フットケアショップの”超薄型足先サポーター”が雑誌『わかさ』の12月号にて掲載されました!

足先用サポーターは、足の甲に内蔵されたテーピング機能によって左右から適度な強さで締め付けることで足裏のアーチを再生します。着用を続ければ足指全体が自然に開いてふんばれるという原理です。

アーチが再生されると足裏の筋肉も鍛えられ、足の指を上げて歩くクセもなくなってきます。
足指を上げて歩き続けていると、重心がかかとに片寄ってしまうので、すね・ふくらはぎ・腰にまで過大な負担がかかってしまうのです(>_<)

片足だけに外反母趾がある場合も、足先サポーターを両足に着用することで、両足の重心が安定させれば外反母趾や内反小趾ばかりでなく、慢性的な膝痛・頭痛まで防ぐ効果が期待できます。

足先専用サポーターは、超薄型の素材でできているためゴワゴワ感もなく、上からパンストや靴下も重ねて履くこともできるのでおでかけにも最適です!「とても履き心地がいい」と評判でたくさんのお問い合わせ・ご注文を頂いております(^o^)/ぜひお試しください。
超薄型足先サポーター
main12[1]


首のコルセット

首のコルセットときくと、たいていの方は『ムチ打ちの人がするんでしょ?』『交通事故の時にやるガッチリしたやつでしょ?』とおっしゃいます。
カサハラフットケア整体が『首のコルセット』にこだわる理由。今回はそれをご説明しましょう!

一昔前、”アンバランス”という積み木を積み上げていくゲームが流行りました。
一番下の左側のブロックを抜いたらみなさん、どこに置くでしょうか?
うまくバランスをとるために、一番上の右側に置くことと思います。

人も同じです。
外反母趾や指上げ足(浮き指)の人は、足裏にクッション作用がないためにその不安定を首が補ってしまいます。 
一番下の土台が不安定ならば、それを補うのは、てっぺんの首なのです!
首と頭がい骨の間には自律神経が通っています。
首が負担を受け続けると、自律神経のコントロールがうまくいかず、誤作動をおこしてしまうのです。
これが自律神経失調症・うつ・パニック症の多くの原因なのです。
またパソコン作業の多い方も首が前に落ちている傾向にありますので要注意です。

その対策として、首を安静に固定してあげることが望ましいので、カサハラフットケア整体では首のコルセットをお勧めしております。

最初は慣れないかもしれませんが、3週間もすると、コルセットがあるほうが楽・安心と感じるようになります。
長時間デスクワークをされる方には特にオススメです(^o^)/夏場は厳しいですが、始めるのに適した季節になってきました。

首コルセットはフットケアショップにて販売しております。詳しくは下記サイトへよろしくお願い致します。
首コルセット
ネックバランス

第2回朝日カルチャー講座

去る10月18日に、新宿の朝日カルチャーセンターにて笠原先生の講座がおこなわれました。
本当に遠方からもたくさんの方々においで頂き、ありがとうございました(*^。^*)

講座は大変盛り上がり、皆さん勉強熱心でいらしたので、高度な質問がとびかっていました!
熱中するあまり、次の講座に少し遅れがでてしまったほどです(笑)
今回の講座をきっかけにカサハラフットケア整体院に通われるようになった患者さんもいらっしゃいます!

次回は12月6日(土)15:30~17:30を予定しております!前回残念ながらご参加頂けなかった方も、1回のみのご参加も受け付けておりますので、ぜひいらして下さい!そして、日頃感じる足や身体に関する疑問やお悩みを解決してゆきましょう(^o^)/

詳細は下記よりお願い致します。

  朝日カルチャー講座

  お申し込み

日本ホリスティック医学協会セミナーin佐賀

去る11月2日に開催された沖縄セミナーは、たくさんの治療家の先生方にご参加頂き、ありがとうございました!ご参加下さった先生方、本当にお疲れ様でございましたm(__)m

多くの先生方にご賛同頂き、今後もまた沖縄方面での活動の機会を設けることによって、皆様のお役に立てることができればと思っております。

沖縄に引き続き、今回笠原先生が佐賀県のほうでセミナーを開くことになりました(^o^)/

開催日時は、11月30日(日)で鳥栖市のサンメッセ鳥栖にて開催致します!
「専門用語が並び、難しい内容なのでは?」「専門知識がないからついていけるかな?」と躊躇される方がいましたら、このセミナーは一般の方も対象となりますので、プロでない方にもご理解しやすいよう分かりやすく進めていく予定でございます!同じく学生さんも対象ですので、興味が少しでもありましたらお気軽にご参加お待ちしております!


詳細はこちらからお願い致します(^u^)
佐賀セミナー
まとめプラグインv2
10 | 2008/11 [GO]| 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。