スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに登場(●^o^●)!!!!!

お待たせ致しました!
ついに『美調整コルセット(脚やせサポーター)』と『O脚コルセット』がパワーアップして皆さんのもとに帰って参りました(^o^)/

以前のものから更なる進化を遂げたこの2つのサポーターをご紹介したいと思います。


外反母趾や指上げ足(浮き指)などの足裏の不安定があると、スネやフクラハギに余分な負担をかけてしまいます。『美調整コルセット(脚やせサポーター)』はスネの前側の筋肉と後側の筋肉を添え木の原理で押圧してスネやフクラハギの負担を軽減させスリム脚に!
b-8[1]

『O脚コルセット』は、外反母趾や指上げ足(浮き指)などの足裏の不安定からくるねじれ歩行で膝関節の少し下の外側にある骨(腓骨頭)の出っ張りを添え木の原理で押圧します。以前にはないダブルの締め付け効果でまっすぐ脚に!
c-5[1]
商品詳細・注文はこちら↓
http://www.footcareshop.net/SHOP/420825/list.html
外反母趾・脚やせ情報はこちら↓
http://www.ashiuratengoku.co.jp/

大変寒い毎日が続いておりますが、皆様お体を大切になさって、よいお年をお迎えください・・・(*^_^*)

また来年カサハラブログでお会いしましょう~(^_-)-☆
スポンサーサイト

足からカラダを治す本に取り上げられました★

今回、(えい)出版社から出ております、『足からカラダをなおす本』に笠原先生の特集が組まれました!
この本は、笠原先生が何度か掲載されております『YOGINI』という健康雑誌の編集部によるものです(^u^)

P166~P179まで”冷え解消”について、『冷えの原因』や『身体を冷やさない生活のポイント』、『冷え解消簡単エクササイズ』などについて、どなたにも分かりやすく書いてあります!


”冷え”の原因は様々ですが、大元は”歩き方”や”姿勢”にある!と笠原先生は訴えます。

つまり、指に踏ん張る力がないと、かかとに重心が片寄ってしまうので、猫背や首が前に落ちるなど悪い姿勢になります。
このような不安定な足裏は、歩く度に“衝撃”と”ねじれ”を身体に伝えてしまい、関節が変形したり、体のゆがみを起こしたりすることにつながります。
すると血液がうまく心臓に戻らずに、冷えにつながってしまうのです。

また、足が異常に冷えている人は、下半身全体が機能低下していることや自律神経失調症を起こしていることも多いので、冷えを甘く見てはいけません(>_<)!!!


ということから、冷え対策として、膝締め屈伸運動をはじめとする簡単な運動やカサハラ式グーパーリハビリ運動、足裏バランステープの貼り方などについて載っています(●^o^●)


ご覧頂く機会がありましたら、ぜひ注目してみて下さい(*^_^*)


膝締め屈伸運動

カサハラ式グーパーリハビリ運動

足裏バランステーピング

ロート製薬 通販マガジンに載りました♪

ロート製薬が出している『health brain』という通販マガジンの2008年冬号に、”骨盤・股関節のゆがみ解消講座”として、笠原院長が掲載されました(^o^)/


内容は、そもそも、なぜ骨盤・股関節のゆがみが起こるのか という”ゆがみのメカニズム”から始まっています。

それから、骨盤のゆがみを起こさないためにはどうしたらよいか?ということで、”足裏バランス”の重要性と”骨盤まわりの固定”の必要性を訴えています。


また、予防法・改善法のひとつとして、アスリートたちがおこなっている開脚運動やそんきょ運動など、骨盤・股関節のバランスアップにつながる運動のご紹介をしていま~す(^u^)


フットケアショップの『股関節美調整ガードル』や『3本指の美調整靴下 楽チンウォーキン』なども取り上げて頂きました(●^o^●)


お読み頂く機会がございましたら、ぜひぜひチェックしてみて下さいねっ(*^_^*)


股関節 美調整ガードル

楽チンウォーキン


 ―シンプルなのに効果を実感できる運動―

そんきょ運動

開脚運動

新バランス

初診さんで、テーピングを貼り終わって立った時に『なんか今までとバランスがちがーう!テーピングを巻くだけでこんなにも違うものなんですね』
と驚かれる方がいらっしゃいます。

足裏バランスの悪い方ほどその実感は大きいようです。
『ん~なんか慣れないわ(;一_一)』とおっしゃっていましたが、その新しいバランスに慣れて頂きたいのが本音です。

正しいバランスになることで、今まで使わなかった筋肉を使うことにより筋肉痛になることもあります。
そして、そういった患者さんほど後々深く理解して頂けることが多いのです。


そんな中、先日初診の際にお母様といらっしゃった患者さんが、お一人で再診にみられて『実は信じられないほど、元気になってきました』とおっしゃって下さいました。

『テーピングをしたり、3本指靴下をはいてるだけなのに、こんなにバランスが違うことを実感できるとは思わなかった』『身体が疲れないから、通勤できるようになったんです』とのお声を頂きました。


もちろん、効果の感じ方や、改善の具合などは個人差があるとは思います。
この方の場合は、自律神経失調症に悩まされていたので、+ネックバランスという首用コルセットのご指導をさせて頂きました!

もしも皆様の中に、自律神経失調症に人知れず悩んでらっしゃる方がいるのならば、“心の問題”や“仕事のストレス”だけで片付けないで頂きたいのです(>_<)

足裏の不安定というのは、どこに一番負担を受けるのかと言うとです!
かかとから伝わる衝撃の繰り返しが、やがて首の骨が変形したり、疲労骨折を起こすことによって、自律神経の誤作動を招いてしまうのです。

だからこそ足裏のバランスを整えることが大切なのです。

この患者さんの自律神経がより安定してくるのはまだ先になるかと思いますが、これからも私たちは、経過をみつつ、患者さんに適した施術やアドバイスなど最大限努力していきたいと思います(^o^)/

ネックバランス
足と首と自律神経失調症

12月のスクール終了(^o^)/

去る12月14日(日)・15日(月)に、カサハラ足裏バランスポディストスクールが無事終了致しました!

今回も長野や福岡からなど、本当に遠方からもたくさんの方にご参加頂きまして、大成功のうちに終えることができました!
誠にありがとうございます(●^o^●)


そして、今回ポディストの資格を取得なさった方々、おめでとうございま~す!
皆様、長い間お疲れ様でございました!

この度のスクールは、特に膝の痛みに対するアプローチに力を入れさせて頂きました。
カサハラ式サラシ固定膝サポーターについても事細かにご指導することができたと思います!!!

皆様の治療院やサロンにも、膝の痛みに苦しんでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか???


ポディストの称号を得た皆様は、ぜひとも全国にいらっしゃる患者さんやお客さんのために、この資格を始め、スクールで学んだことを隅々まで生かしていって頂きたいと思っております♪


次回のスクールはは来年2月を予定しております!
詳しい日程は決まり次第アップさせて頂きますので、チェックしてみて下さい!

また、少しでも興味のある方は、ご遠慮なくお問い合わせください(^_-)-☆
お待ちしております!

外反母趾の本

近頃、書店で外反母趾についての本をよく見かけるようになりました。

いろんな先生方がそれぞれの観点から書かれているようなので、もちろん個々のお考えがあるのでしょうし批判する気などは全くありません(^u^)

ただ、中を見ると『正しい歩き方』と題して、”かかとからしっかり着地すること”などと堂々と記してあって非常にびっくりしたと同時に、これを本当に実行したら皆様の身体がぁっ・・・(>_<)と不安になりました。


カサハラフットケア整体院では、『決して膝を伸ばしきって、かかとから着地しないで下さい!かかとから体の上部に伝わる有害な力が膝・腰・首の軟骨を変形させたり、疲労骨折を起こさせるのです』と訴えているのです!!!なのでこんなことをしたら逆効果デス(T_T)

その証拠に、犬の散歩を膝を伸ばしきってかかとから着くように4ヵ月間続けてみて下さい。
膝・腰・首、必ず体のどこかの不調を訴えるようになるはずです。

ちょっと高いところから飛び降りることを想像してみて下さい(*^_^*)
私たちのうちの一体誰が踵から着地しようとするでしょうか???

皆さん指を使って、倒れないようになるべく過剰な衝撃を受けないように、気を付けるはずです。
それは、本能的に人間はかかとから伝わる外力を脳にまで伝えてはいけないという考えが備わっているからです!

正しい知識を身につけて、おひとりおひとりの痛みや症状の改善につながることを願わざるを得ません・・・(>_<)

正しい歩き方とは

カサハラ式歩行教室

ストッキングもあるんです♪

カサハラフットケア整体院にて、それぞれの患者さんに合った靴下選びのお手伝いや御指導をさせて頂く際、『仕事上、ちょっとヒールの靴を履かなければならないんです(>_<)』『会社にはスカートで行っているので靴下は・・・』といった患者さんが多くいらっしゃいます。

そんな方々に!!!
3本指テーピング靴下シリーズにはストッキングタイプのご用意もありますので、心配ご無用ですっ(●^o^●)!

『でも、すぐ伝線してしまうんじゃないかしら』といったお声もきこえてきそうですが、カサハラフットケアショップの3本指テーピングストッキングは、格安店に見るようなヤワな生地は使っておりません(T_T)

それでも変形がひどく、出っ張った骨と靴との摩擦によるものや、過度の引っ張り上げにより、万が一伝線してしまったら・・・

決してすぐに捨てないで下さい(*。*)というのも、足首部分と指先部分をハサミで切ってサポーターの形にして頂きたいのです★ここに、笠原院長の強い想いがあります。

サポーターの代わりにしてあげれば、その上に靴下やお持ちのストッキングをはいて頂けるので、1度で2通りにご使用頂けるのです!


ウエイトレスのお仕事をなさってる方や、制服の決まっているOLさん、その他仕事中パンプスやストッキング着用を余儀なくされている方には、オススメなのデス(*^_^*)

膝下までのショートストッキングタイプと、腰まであるパンティーストッキングタイプがありますので、それぞれ用途に合わせて選んでみて下さい(^o^)/

また、先日カサハラフットケアショップよりアップした、免震パンプスとの併用もかなりオススメです♪
ぜひぜひチェックして下さいねっ(0_<)-☆

健康と美を同時進行で手に入れていきましょう~

3本指ショートストッキング

3本指パンティーストッキング


ストラップ付きパンプス

ストラップなしパンプス

免震パンプスのご紹介(^◇^)

この度、皆様の長年の声にお答えして、笠原先生が免震機能のあるパンプスを開発しちゃいました\(^o^)/
その名も"モデルンバ”!!!

免震機能の重要性は分かるけど、ひも靴だけでなくたまにはおしゃれな靴も履きたい!!そんな皆様の要望に答えるべくしてできあがった2つのパンプスをご紹介致しましょう!

ひとつは、バリバリ働くキャリアウーマンの方にもカッコよく履きこなして頂けるストラップなしのヒール4、5cmで、もうひとつは、おしゃれなストラップ付きの6cmヒールです。甲部分にかかるストラップが足首の安定を助けてくれます!

特長としては、どちらのパンプスも

 1、指の付け根と踵部分を掘りクッション材を内蔵することで、歩行時の衝撃を吸収
 2、「支点」と「作用点」を押圧する構造を取り入れることにより、歩行時のねじれを吸収
 3、2枚の微調整アジャスターにより3段階の足入れ を実現
 4、「靴は軽過ぎてはいけない」という振り子の原理から、体重のの1%の重さを実現
 5、これまでにはないクッション感覚

と期待にこたえる商品に仕上がっており、22・5センチ~25・0センチまでのご用意となっております!

カサハラフットケア整体院ではすでに取扱いをし始めており、患者さんたちの間では『待ってました♪』と大評判を頂いております(^o^)/


詳細は下記よりお願い致します!

モデルンバ ストラップなし

モデルンバ ストラップ付き 

サッカー少年

先日、カサハラフットケア整体院にサッカーをしている高校生の男の子がやってきました。
お話をうかがうと、プロサッカーチームのユースで活躍されてるとのことで、2・3年後には日本代表にも選ばれるような有望な選手です。

ところが突然腰痛を訴え、病院でレントゲンを撮ったところ、腰椎に分離症がみられたというのです。
彼が持参した鎧のような腰のコルセットには、仲間からの多くのメッセージが書かれていました。
『こんながっちりしたコルセットをつけてるのはしんどくない?』ときいたところ、治すためなら!という意気込みが伝わってきたのでした。


中高生、特に中学生の外反母趾・指上げ足は、スポーツ障害を多発させる原因になっています。
それを裏付けるように、中学2年生の腰椎分離症の発生率と、50才以上の女性の腰椎分離症の発生率が同じという調査報告があるのです(>_<)

中高生でスポーツ障害を起こした子の98%に、外反母趾または指上げ足(浮き指)があり、共に著しい免震機能の低下があるのです。従って、いきなり激しい運動をするのではなく、足裏のバランスを整えてからスポーツを始めることが望ましいのです。


彼の靴を見ると、靴底に厚みのない薄いタイプのスニーカーで、かかとがふんづけられていることからも常に”指上げ歩き” をしていることがうかがえました(T_T)


まず、足裏バランステープで足指がきちんと踏ん張れるようにして、同時に腰にサラシを巻きました。
カサハラ式サラシ固定は、”動けるギプス”として使って頂けるのです!
また次の日からも自分で巻けるように指導させて頂きました。


今後も、彼が一日も早く第一線で活躍する姿を見られるよう、治療していきたいと強く願います(*^。^*)

足袋に

寒い!~と思ったら今日から12月デス(^o^)/
皆様いかがお過ごしでしょうか???


先日、こんなお電話を頂きました。

『私は農業をやっているのですが、かかとが痛くて痛くて・・・(>_<)
地下足袋を履いて作業するので、地面からの衝撃をもろに受けてしまうんです。
そちらの免震インソールを私の足袋にいれられないでしょうか?』

正直初めてのケースだったのですが、フットケアショップの厚型インソールは足の大きさや形に合わせてご自分でも簡単にハサミで切って頂けるので、可能ではあると思いますが、前例がないということをお伝えしました。

ただその代わりに、『室内履き 外反テーピング靴下』を足袋の下に履いてはいかがかというご提案をさせて頂きました。

この室内履き外反テーピング靴下(K-11)の特徴は、足裏の縦横アーチを作る2本のテーピング機能が内蔵されているのはもちろん+なんと衝撃吸収のパットがかかと部分に内蔵されているダブルの機能付きなのです!

普段、お仕事やお茶会でお着物と足袋を履くことが多い方には、ひとつの提案として、こちらを併用されてみてはいかがでしょうか(^u^)?

皆様からのこういったお問い合わせは、同じ悩みを持つ他の患者さんを救うことにつながります★

室内履き 外反テーピング靴下
まとめプラグインv2
11 | 2008/12 [GO]| 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。