スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉キャン効果♪

ご予約やご注文のお電話の際に、『姉キャンを見てお電話しているんですけど・・・』
という場面が増えています(^O^)/

今日も初診さんがいらっしゃり、
『カサハラフットケアについては、インターネットで見つけられたのですか?』
とおたずねすると、
『姉キャンに載ってましたよね!あれを見てこちらで診て頂こうと決めたんです!』
といううれしいお声を頂きました(●^o^●)

最近では20代30代の女性の患者さんもますます増えてきました(^-^)☆

やはり足の治療というと、なんとなくお年寄りのイメージがあるのかもしれません(T_T)
自分には関係ない、外反母趾は年ととってからなるもの、などと誤った認識をされていることがまだまだ多いようです(涙)

特に、指上げ足(浮き指)については、外反母趾よりも更に認知度が低い上、外見からは著しい変形が見られないので、見落として悪化させてしまうケースも少なくありません(>_<)

しかし、大きな女性誌に載ることで、皆様の中でひとりでも多くの方が危機感をもち、自分の足というものにもっと興味をもって頂けることが最大の収穫だと思っております!!!

そして、処置というのは早いほどよいのは言うまでもありません。
もしも、皆様の中で迷われている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度お電話下さい(^◇^)


カサハラフットケア整体院 
045-861-8558 
スポンサーサイト

カサハラスクール九州校

このたび、フットケアポディストスクールが九州に設立され、本格的に始動することになりました(^O^)/

九州や四国から本校の横浜まで通ってらした皆様、そして今現在新たにフットケアポディストスクールの受講をお考えの近辺在住の方々にはかなりうれしいニュースだと思います!!!

場所は福岡の久留米市です!
福岡校は、笠原先生はもちろん、新たに三浦一秀医師が教壇に立って下さり、ノウハウを伝授して下さいます

これまで原因不明の痛みに対して「使い過ぎ」「運動のし過ぎ」「歳のせい」「太り過ぎ」などと片づけられていませんでしたか?
自律神経失調症には「心の問題」「人間関係のストレス」などと、本当の原因を読み取れない落ち度を患者に責任転嫁していませんでしたか?

確かにそれらが原因になっているものもありますが、80%は実は重力とのアンバランスが関係していたのです
歪みの部分に足裏からの過剰な衝撃波やねじれ波が繰り返された結果だったのです。

これは、医師や柔整師など有資格者ばかりでなく、健康に関係している全ての人に重要な理論・施術法です。
というのも、今までなかった医療や健康法であるため、スタートラインが一緒だからです!

また、従来のスクール内容に加えて、巻き爪やトリートメントについても学ぶことができる盛りだくさんのラインナップとなっておりま~す\(-o-)/

世間では経済危機・派遣切りなど厳しいニュースが飛び交っています(T_T)
十分な差別化された技術と理論で、2009年を明るい年に致しましょう~(^-^)


フットケアポディストスクール福岡校お問い合わせ
092-596-9214

詳しくはこちらをご覧下さい(●^o^●)

フットケアポディストスクール 福岡校

健康な足★

今朝は、右足の甲部分の痛みを訴えて、初診さんが来院されました。

『普段、自分の足なんかまじまじと見ないし、ましてや他人と足を見比べたことなどないから自分の足がおかしいと思わなかったわ~』

足裏バランステープをすると、
『確かに今までとは見違えるくらい指が開いて、使ってる感覚があるわ!』
と感激していらっしゃいました(^u^)

我々の日常生活の中で、足を見る機会はほとんどないと言ってもよいのではないでしょうか?
なぜなら私たちの足は、1日のほとんどの時間、靴や靴下に覆われているからです。

そこで今日は
『じゃあ、健康な足ってどんな足?』
とお考えの皆さまに、裸足で生活する国の人の足をご紹介していきましょう(*^。^*)

笠原院長はその昔、治療の仕事を中断してでも、やっていたことがあります。
それは、裸足で生活する国の人々の足を調べるための現地調査でした。

大地を踏みしめ、どんな土の上でも指を踏ん張って歩く人々には、外反母趾や指上げ足(浮き指)のような足裏の異常はほとんど見つかりませんでした。
そして、そのような方々には、ひざの痛みや腰痛が極めて少ないのです!
あったとしてもそれは、木に登って落ちた、家畜と激突したなど原因が明らかなものです(^-^)

また、たびたびこの場を通して、足が悪いと首を痛めるというメカニズムから、自律神経失調症に陥ってしまう患者さんが後を絶たないくらい多いのだとお伝えしてきましたが、もちろんそれも例外ではなく、自殺者が極端に少ないという事実もこれを裏付けています!

そして足裏の機能の差は、だいたい小学校3年生くらいだとされています。
9歳頃を境に日本の子どもたちの足は指が使えていないような不安定な足になるのに対し、裸足の国の子供たちの足指は、足裏の刺激に順応し、『指は踏ん張るものなのだ』と本能的に足指を踏ん張らせるようになります。


下の写真のような立派な足はなかなか難しいかもしれませんが、足裏の機能を身に付ける努力をしましょう(●^o^●)小学生のお子さんはまだ間に合います!

地道ではありますが、グーパーリハビリ運動やテーピング靴下の着用を心がけ、たまには裸足で砂利道や玉石を踏んで足裏を鍛えるのもひとつの方法だと思います。

カサハラ式グーパーリハビリ運動

3本指テーピング靴下
20090224191542_00001.jpg

扁平足

今朝は雨が強かったですね。。体調をこわされてはないでしょうか?


今日は”扁平足”について、お話しましょう!

カサハラフットケア整体院にも、
『前から扁平足は遺伝だからあきらめてるんですよ~(T_T)
と嘆いている患者さんが多く来院されます。

皆さんとにかく”疲れやすい”と訴えます。
扁平足は、ただまっ平らな形であることが問題ではないのです(>_<) 

 
扁平足の人は足指の力が弱く、足裏がとても不安定になっています。
そして、「竹馬で歩く時の原理」と同じように、無意識に全身に必要ない力をいれ続けてしまい、体が疲労しやすくなるのです。

扁平足だと、これ以外にも足裏のクッション作用が衰えてしまっているので、歩く時に地面からの過剰な衝撃を腰や首で受けることになり、腰痛、首・肩のコリへとつながってしまいます。

また、この時過剰な衝撃を首で多く受けてしまうと、頚椎の一番目が変形して自律神経に異常を起こしてしまいます。
自律神経の異常はホルモンバランスを狂わすので、本能的に過食が起ってしまうことと、疲れやすさをカロリーで補おうとすることから、扁平足の方が肥満気味というのはよくあります。

扁平足の人は足裏から全身のバランスを整え、特に頚椎を安定させることがダイエットのポイントなのです。
足裏のバランスを整えることをスタートラインとし、それからよく歩くことを心がける、これが健康の基本なのです

まずは3本指靴下で足裏バランスを整えてみましょう!
きっと今までとは違う”疲れにくさ”を実感していただけるはずです(^O^)/

3本指靴下

2月スクール無事終了!

去る2月15・16日の2日間に渡り、フットケアポディストスクールが開催されました(●^o^●)

今回は前回・前々回を大きく上回る参加者の方々を迎え、大盛況の内に終わりました!
いかに世間の”足と健康”への関心・そして患者さんたちのニーズが高まっているかということをひしひしと感じさせられます(^-^)

カサハラフットケアポディストスクールは、笠原先生による講義・実技を通して、負傷の瞬間を特定できない足・膝・腰などの痛みや、自律神経失調症状、生活習慣病の原因を追究し、重力との調和を保つために足裏のバランスを整え正しい歩行を促すことによって改善及び健康に導く、予防に役立てていくという「フットケア学」を学んでいきます\(-o-)/

ご参加いただいたみなさま、大変お疲れ様でございました!
そして、今回見事『フットケアポディスト』の資格を得られた方々、長い間御苦労さまでした(^O^)/
本当におめでとうございます!!!


今回は特に、足の痛み・腰痛をクローズアップして、笠原先生が常日頃より申し上げてる
『患部を治す働きの90%が固定(サラシ包帯を使った無重力療法)にある。
負担度より安静度(治癒力)が上回る固定をすることにより、何人も治癒に向かうという自然治癒力の法則が人間に備わっているためです。』
の言葉通り、サラシ固定(補強)の練習もしました。

生徒さんの中には自らお持ちの腰痛が改善されているとのお声も早速頂いた次第でございます♪

次回は 4月19日(日)・4月20(月)   
の2日間を予定しております。

既に今回ご参加の方の多くが次回も参加を希望され、お申し込み頂きました!
より理解を深め、共に全国各地で悩んでいらっしゃる患者さんを救っていけたら幸いです(^◇^)

今回、残念ながら参加できなかった方も、この春から”フットケア学”への扉を開きませんか???

お申し込み・お問い合わせ、お待ちしております

カサハラフットケア  045-861-8558

いよいよ明日です!

今日は季節はずれの暖かいバレンタインデーですね!
今年は男性から女性に贈る逆チョコが流行っているようですが・・・(;一_一)

さて、いよいよ明日は2か月に1回のカサハラ足裏バランスポディストスクールの開催日です!

今回は特に多くのお申し込みを頂きました^u^
ありがとうございます!!!

関西や九州、また中国地方からもいらっしゃる予定です!

職種も実に様々で、接骨院の先生方をはじめ、靴屋さんからエステティシャンまで幅広くご参加頂きます!


それぞれ、患者さんやお客さんの外反母趾・指上げ足の悩み、またそんな不安定な足裏から始まる膝・腰・首の不調、自律神経失調症などについて勉強し深く理解することで、正しい処置をしてさしあげることに意欲をもっておられるでしょう\(-o-)/


そんな向上心あふれる参加者のみなさんにお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています(●^o^●)


カサハラスクール

患者さんの体験談

今日はカサハラフットケア整体院の患者さんの体験談をご紹介したいと思います!
皆様の中で、同じ悩みをもつ方にぜひ読んで頂きたいからです(^-^)

●うつ状態に陥るくらい苦しんでいた自律神経失調症が、驚くほど元気になった(女性)

3年前、突然ザッーザッーと雑音が聞こえるようになり、左耳の調子がおかしくなったのが始まりでした。そのうち、常に心臓がドクンドクンいっているような症状が続き、夜眠れなくなりました。
最終的にはあまりのめまいで起き上がれなくなっていましたね。
このままではまずいと、内科・心療内科・脳外科・耳鼻咽喉科、様々な科を受診しましたが、『身体に異常は見当たりません』という結果。薬の処方で帰されて、具体的な治療法はありません。
見えない出口と症状のつらさから、毎日泣いて、家に閉じこもるようになり、完全にうつ状態になっていました。少しでも楽になれる希望があるのなら・・・そんな時、偶然本屋さんで笠原先生の本をみつけ、読み進めるうちに先生の治療を受けてみようと決意したのです。

先生には、足裏の不安定を首が補ったことで、首にストレスがかかり自律神経の誤作動が生じているのだとはっきりと言われました。
1、身体の歪みを治すためにまず、その土台である足をテーピングで矯正することによって安定させました。3本指靴下は、テーピングと同じような矯正効果がるので、常に履くようにしました。
2、と同時に、首を安静にしてあげるためにコルセットをしました。首のコルセットもむちうちの人が使うものだと思っていたので驚きましたが、とりあえず徹底してやってみようと思いました。

最初は症状が一進一退でしたが、3・4ヶ月後からは睡眠も前のようにとれるようになり、自分でも少しずつ改善していくのがわかりました。半年後には、耳の異常も気にならなくなっていたのは本当にうれしかったです!
今だから言えるのは、身体が歪むことでこんなにも悪影響が及ぶのだということです。今では、身体の土台である、足裏のバランスがいかに大切かということも身をもって知りました。

という患者さんのエピソードでした(●^o^●)

外反母趾・指上げ足(浮き指)などの足の異常は、人間の一番てっぺんである首が補うことで、人はなんとかバランスを保っています。
しかし、それが何年・何十年と続くと、首の骨を摩耗させ、私たちの体を無意識にコントロールしている自律神経がうまく働かなくなってしまうのです(T_T)
そうすると、頭痛、めまい、不眠症・過眠症、うつ・そう、下痢・便秘などの症状が現れます。

原因不明のこのような症状にお悩みの方は、ぜひお問い合わせ頂きたいと思います。
そして一人でも多くのこのような患者さんが救われますように・・・

遠方にお住まいの方は、3本指靴下で足裏を安定させてあげること、そして首の安静を保ってあげることが自分でできる治療の近道です!
首の固定、つまり首コルセットはなかなか敬遠してしまいがちですが、冬場の今こそ始められて、さわやかな春を迎えませんか(^O^)/

商品はこちら

ネックバランス

3本指靴下

切らずに治す外反母趾

この度、『切らずに治す外反母趾の改訂版が出版されることになりました(^O^)/

こちらは今から10年ほど前に出版された本ですが、今では図書館などでしか手に入らなくなってしまいました(>_<)

当時もとてもご好評を頂いていましたが、最近でも

『そちらで切らず~の本を購入できますか?』
『切らず~の本を見て診察して頂きたいのですが・・』
『切らず~の本を読んで手術をやめました!』

などといったカサハラフットケアへのお問い合わせも非常に多いのです!!!

今回の改訂版はまたまたパワーアップして、外反母趾・指上げ足(浮き指)についても、よりわかりやすく書かれていますので、初めての方にも読みやすいと思います(*^。^*)♪

足の痛みはもちろんのことですが、みなさまが日ごろ悩んでらっしゃる膝・腰・首などについての不調についてもこと細かく記載されています。

そして、特に”最新版切らずに治す外反母趾”は、自律神経失調症・うつ・パニック症についても深くふれ、足が悪いと首を痛め、自律神経を誤作動させてしまうというメカニズムを詳細に説明してます\(-o-)/

『知らぬ間に腰椎ヘルニアになっていた』
『もう10年以上膝が痛い』
『気がついたら、うつと診断されていた』

というお悩みを抱えたみなさまの答えが見つかるはずデス(●^o^●)

この改訂版『切らずに治す外反母趾』は3/10発売予定ですが、書店により異なることもありますので詳細は各店舗にお問い合わせください


笠原先生の他の著書についてはこちらをどうぞ
フットケアショップで取り扱っている著書

AneCan掲載☆

押切もえちゃん、えびちゃんらがモデルをつとめるファッション雑誌”AneCan”の3月号に外反母趾の特集が組まれ、笠原先生が外反母趾研究家として掲載されま~す\(^o^)/


『春までに治したい外反母趾』と題し、”サンダルの季節がくる前に靴の憂鬱をなくそう!”ということで、ハイヒールや立ち仕事などについての若い女性特有の疑問にもお答えしています(^u^)

まず、誰でもできる外反母趾判定法や外反母趾の最大の原因である”指上げ歩き”についても『足裏の刺激不足によって足指を縮こませたまま、かかとと指の付け根のみで歩いてしまうことが問題だ』と分かりやすく書かれています(*^。^*) 

そして、”自分でできる治療方法”として、カサハラ式グーパーリハビリ運動やアーチを取り戻すテーピング法についても紹介させて頂いております
更に、今回は特に外反母趾対策グッズとして、カサハラフットケアショップの『外反・内反靴下』と『外反・内反Wサポーター』が取り上げられました!

外反内反靴下はテーピング原理を応用した3本指靴下で、はくだけでアーチが再生され正しい歩行を促します。

外反内反Wサポーターは、Wベルトによる強力なサポート力で、正しいアーチを取り戻します。


20代30代を中心としたファッション雑誌でもこれだけ大きく取り上げられるということは、現代社会において、中高年だけではなく、いかに若い方々も足のトラブルで悩んでいるか、そして”自分の足”について関心が高まっているかがうかがえますよね!!!

『私の足は大丈夫』と思っている方々も、ぜひ今年は”自分の足のSOS”にもっと耳をかたむけて、早めの対処をしてあげましょう~(^-^)


外反内反靴下

外反内反Wサポーター

スタイル美人

カサハラフットケア整体院には”すねだけが異様に発達している”、”ふくらはぎが常にパンパン”などという悩みを抱えた女性も少なからず訪れます。

女性にとってすらりとした細い脚は永遠の憧れですよね・・・(^u^)
ここでまず、なぜ脚(ここでは特にひざ下)が太くなってしまうのか、そのメカニズムを知りましょう!

足が太い人は、たいてい外反母趾・指上げ足(浮き指)など足裏に何らかのアンバランスがあります。すると、その土台の負担をすねやふくらはぎが補ってしまい、更に疲労させないようにと脂肪をどんどん蓄えます(>_<)
この繰り返しをすることで脚が太くなってしまうのです(T_T)

足を細くするポイントは
『足裏の安定』『それに伴う上半身と下半身の血行をよくすること』
デス(^◇^)

具体的には、足裏バランステーピングをおこなった上にグーパーリハビリ運動をすることによって足指に力が入るようにします。
テーピングができる環境にない方は、テーピングの代用となる3本指のテーピング靴下を履くのも効果的ですよ!

それから、ひざから足首までサラシのゲートル巻きをおこなうのがお勧めですが、これが難しくて続けられるかわからないという方は、スリムコルセットを代用されるのもよいかと思います。
フットケアショップのスリムコルセットは、添え木の原理で両側から優しく押圧してくれます!

また、開脚運動をすることによって、第2の土台である股関節の骨頭の位置を正常に戻すことでうっ血を防ぐことも大事なのです(●^o^●)

これをしっかり続けていれば、知らぬ間に脚も細くなってきますょ(^u^)  
春までに皆様、更なるスタイル美人を目指してはいかがでしょうか???        
 

3本指靴下 BODY-K

スリムコルセット

自分で治す気持ち

早いものでもう2月に入りましたね!
皆様、お体の調子はいかがでしょうか?
フットケア整体院には相変わらず、たくさんの初診さんが訪れていらっしゃいます。

初診さんの中にも、笠原院長の著書や足裏天国のサイトを参考にして、もう既にご自分で足裏バランステーピングに挑戦してみたという方も多くなりました(^u^)

そして、違いがわかるほど楽になったので、『ぜひ笠原先生の施術を受けたい!』あるいは『自分のテーピング方法が正しいか先生に見てもらいたい!』などと来院されます!

そんな患者さんひとりひとりの前向きな努力と
『自分の体は自分で治すんだ!』
という意欲に、我々スタッフ一同も『できる限りサポートしてゆきたい!』と改めて感じさせられます・・・(●^o^●)

そしてそういう患者さんには、きまって患部の改善・治癒、何より笑顔を見ることができます(^O^)
そばで見ている我々も本当にうれしくなるのデス!!!

外反母趾・指上げ足(浮き指)はじめ、膝・腰・首などの様々な症状で悩んでらっしゃる方には、『年だからね・・』『変形してるからしょうがない』などと諦めないで頂きたいのです(>_<)/

もしも、ご自分でやられるのに自信がないという方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、フットケア整体院にいらしてみられてはいかがでしょうか???

普段皆様がお持ちの疑問にお答えしますし、自分で治していくポイントも伝授させて頂いてますので、たとえ遠方にお住まいで頻繁に来院できなくても、無理なく自分の体を治していけるのです


『もっと早く笠原先生に出会えたらよかった・・』そんなお声をよく耳に致します。

痛みや症状で苦しんでいる時こそ、正しい原因と正しい治療法を知ることが大切です!

この間にも、おひとりで悩んだり、どうしようか迷っていたりする方々がいらっしゃると思うと、心苦しくてなりません(>_<)

皆様からのご連絡、お待ちしておりますm(__)m

笠原 巖 先生の著書

痛みのある場合のテーピング法
まとめプラグインv2
01 | 2009/02 [GO]| 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。