スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊女性掲載♪

本日発売の週刊女性に笠原 巖先生の記事がまたまた掲載されました~(^O^)/

”知るだけで身体の疲れ・歪みがみるみる取れる”
と題し、『カサハラ式簡単足裏テーピング』が大々的に紹介されています(●^o^●)!!!

実は現代女性の約9割に、外反母趾や指上げ足(浮き指)など足裏のトラブルがみられます(ToT)/~~~

身体の土台である足裏の不安定こそが姿勢の悪化や歪みの引き金となり、原因不明の膝・腰・首などの慢性痛あるいは自律神経失調症・うつ・パニック症などを引き起こす原因になってしまうのです(>_<)

美と健康の秘訣は全て足裏にあることを訴え、正しい足の状態や自分でできる足診断などもあわせて取り上げられていますので機会がございましたらぜひぜひチェックしてみて下さい(^u^) 

最近、特に雑誌取材の依頼をたくさん頂き、後を絶たない状況ですっ
本当にありがたい限りでございます!!!

それだけ、世間のニーズが高まっているのだと感じます。
今まで、どこへ行っても『歳のせい』『運動のしすぎ』『ストレスがたまっているから』などと片付けられ、本当の原因を知ることさえできなかった、ましてや正しい治療さえ分からなかった。。。という方に、今求められているのだと思います

1日も早く、また1人でも多くのみなさまに『足裏の異常と健康との関係』をお伝えすることで知って頂き、正しい治療を施されることで悩みや痛みから解放されることを心から願います・・・

この春、外反母趾や指上げ足(浮き指)に対するカサハラ式足裏バランステーピング法がますます注目されそうで~す\(◎o◎)/

直接、笠原院長の診察や施術を受けることをご希望の方は、カサハラフットケアまでお電話下さい(-。-)y-゜゜゜

カサハラフットケア整体院

045-861-8558
スポンサーサイト

自律神経失調症

ここのところ、春一色かと思いきやまたまた冬が戻ってきたような天気が続いています。。。
体調をこわされてはないでしょうか(*_*)

われわれスタッフ一同、常日頃よりみなさまの健康指導をさせて頂いております(^u^) 
しかしながら私たちも、小さい頃からでこぼこ道の上を裸足で育ったかと言えば、残念ながらそうではありません(>_<)

正しい知識を身に付け、普段から予防・対策をしているのです!!!

毎日カサハラ式グーパーリハビリ運動を、片足3~5分欠かさずおこない、できるだけ3本指靴下を履きました。

そして再三申し上げてる通り、足裏が不安定だと、てっぺんにある”首”がそれを補うことによって人間はバランスを取るようになります。
その上、個人的に『首が長い』という、首を痛めやすい特徴をもっているので首の負担を軽減するためにネックバランスを徹底して着用しています。

今でも外出時は、免震シューズや免震パンプス”モデルンバ”の着用を心がけ、地面からの衝撃が首に伝わらないようにしています

私たち自身が徹底してやらないと、患者さんに自信をもってお伝えできないと考えているのです

なぜここまで気をつけるのか

カサハラフットケア整体院には、足が悪いために首を痛め、そこから自律神経失調症になってしまった患者さんが多く訪れます。
他のあらゆる病院をまわってきても、薬の処方という形でしか解決策を得られずに苦しんできた方々ばかりです(ToT)/~~~

それはもともとの原因である外反母趾や指上げ足などの”足裏の不安定”を改善しないと本当の意味でも解決にはならないからです。
足裏バランスを整えた上で、首を固定し安静にしてあげることに専念することです!


膝が悪い場合は膝にサラシを巻くようご指導させて頂いております。
腰や股関節の悪い場合に腰部にサラシを巻くようお伝えしています。
首が悪い場合は首にサラシを巻くわけにはいかないので(笑)、首のコルセット(ネックバランス)をオススメしていますが、なかなか見栄えの問題から敬遠される方も少なくありません(^_^;)

しかしながら、これが近道なのです。。。

それでもまだ、躊躇してしまう方もいらっしゃると思います。
そういう方は、手始めに2つの簡単にできる方法をご紹介します(*^_^*)
1つ目は、『ドッグブレス呼吸法』
2つ目は、『腕立て伏せ』です。

ドッグブレス呼吸法とは、文字通り犬の呼吸法です!
犬が走った後などにハァハァいってるのを一度は見たことがあるでしょう。
自律神経失調症の方は脳が酸欠状態になっているので、この腹式呼吸を続けると、脳へ酸素の供給量が増え、より自律神経が安定するのです。

腕立て伏せは、続けていると首・背中・腕の筋肉を発達させます。
それが、言ってみれば筋肉のコルセットとして、首の骨を守ってくれるからです。

詳しくは下記からご案内させて頂きます。
チェックして下さい(●^o^●)

ネックバランス

ドッグブレス呼吸法

3本指靴下の悩み

ここ最近、一気に春の香りをかんじるようになりましたね(*^_^*)
それと同時に花粉に苦しんでらっしゃる方も多いようですが・・・(涙)

いつも3本指靴下を愛用して下さって、どうもありがとうございます(●^o^●)!!!

ご愛用者の中には、
『これを履くと、体育の成績が悪かったうちの子が5になったのよね~』
『3本指テーピング靴下に慣れちゃうと他の靴下が履けないわっ』
『体の調子が以前と比べものにならない位よくなって、本当に良いものに出会えた』
など、うれしいお声をたくさんたくさん頂きます(^◇^)

ただ、3本指靴下を始められる方の中には、お悩みをもつ方も稀にいらっしゃいます(>_<)
「小指が脱げやすい」「筋肉痛を起こす」「痛みが増してしまった」
これらはなぜ起こるのか、ご説明致しましょう!

まず、小指が脱げやすいというお悩み。
外反母趾や内反小指、また指上げ足(浮き指)などの人は指が踏んばれていないため、足先が外方向へ流れ、引寄せる時に小指が脱げやすくなってしまうのです。
これは悪い歩き方をしている人ほど、起こりやすいですが、通常2~3ヶ月で足指が踏ん張ってくると脱げなくなり、脱げなくなった時が『正しい歩行』のスタートラインと考えて下さい!

次に、筋肉痛を起こす原因については、3本指テーピング靴下で足指を使って歩けるようになると、今まで使っていなかった正しい筋肉を使うようになることから、筋肉痛が起こる場合があります。
ただ、それは一時的なものなので、この正しいバランスに慣れることが大事です

そして、痛みが増すのは?
第2指のつけ根に既に変形や疲労骨折があり、たとえその時痛みはなくても潜在していると、稀にテーピングの圧力で痛みが現れる場合があります。
この場合は早期発見と考え、まずは専門医に相談してください。

以上のような理由から「私には合わない」もしもそんな方がいらしたら、
そこであきらめずにこのように正しい知識をもって、続けて頂けることを願います・・・
それは、のちのちへの痛みの改善や不調の解決につながるからです。

逆に申し上げると、「3本テーピング靴下」はそれだけ効果があり、足裏と全身のバランスを整える機能を有しているのです(^O^)/

ここで、変形がひどい方、足の痛みが強い方は、もうひとつ方法をご紹介させて頂きます。

、まず、伸びない綿包帯を足の甲の部分に巻きつけます。
ずれない程度に5~6周、更に痛みの強い場合はもう何周か、決して強く巻きつけないようにします。

2、そしてカサハラバランステープなど、なるべく薄くて伸びるタイプのテープでその包帯がずれないように上下固定します。

3、その上から、3本指テーピング靴下を履いて頂きたいのです。

このように、お1人お1人に合った方法で、足もとから健康になっていきましょう!
これからも3本指靴下をどうぞかわいがってあげて下さい(^。^)y-.。o○

3本指靴下

『わかさ』掲載★

雑誌『わかさ』の2009年5月号に、笠原院長が考案したフットケアショップの骨盤&股関節 美調整ガードルが大々的に掲載されました

股関節の負担を減らし痛みが和らぐ新型ガードルとして、大変ご好評頂いている次第でございます(^◇^)

外反母趾や指上げ足(浮き指)など不安定な足裏での歩行を続けていると、地面をまっすぐに蹴れず足先が外側に流れるようなねじれた歩行になってしまいます。
もしかしたら自覚はないかもしれませんが、これが股関節のズレにつながってしまうのです(>_<)

本来しっかりと納まっている大腿骨の頭がこのズレによってスムーズに回転できなくなります。
そして、どこかで引っかかったり、骨盤との接続部にぶつかったりすることによって痛みが生じるわけです(T_T)

カサハラフットケア整体院にも股関節の痛みを訴え来院する患者さんは少なくありません。
このような患者さんには股関節を安定させるために、股関節と骨盤部分にサラシ包帯をたすきがけ状に巻いています。
これによって、ゆがんだ関節を元の位置に戻し、痛みを和らげることができるからです。

サラシ包帯によって股関節を固定すると、外側に飛び出していた大腿骨が押し戻されて、骨盤との説側部で起こっていた摩擦が解消されるのです!!
さらには、骨盤のゆがみや腰痛にも効果的であります(●^o^●)

このサラシ包帯のすじかい巻きを応用させて開発したのが今回特集された新型ガードル、その名も骨盤&股関節 美調整ガードルなのです!!!

骨盤のズレや腰痛は気になるが、いざ治そうと思ってもなかなかサラシ包帯を巻くのは難しいという方には、気軽に始められるオススメ商品となっております(-。-)y-゜゜゜

これからますます外を歩くのには気持のいい季節になってきます・・・
腰や股関節が痛いからと外出が億劫などになってしまったらもったいないですよね(*^_^*)
もし悩んでいらっしゃるのならば、ぜひ今この時期に始めませんか???


骨盤美調整ガードル

目の周り・口の周り

外反母趾や指上げ足(浮き指)などの足裏の異常があると、重心がかかとに移動してしまい、かかとからのドシンドシンという衝撃が首の骨に伝わってしまうのだということはこれまでもたびたび説明してきました(●^o^●)

その小さな衝撃が3年5年10年と繰り返され、首の骨を変形させたり疲労骨折させてしまいます(>_<)
そうすると一体何が起こるのか???
変形した骨は頭がい骨と首の骨の1番の間を通っている自律神経を圧迫・刺激してしまい、誤作動させてしまうのです。

自律神経とは、私たちの体を無意識にコントロールしている神経で、これが誤作動すると”うつとそう”、”過食と拒食”、”ホルモン分泌の亢進・低下 ”など実に様々な自律神経失調症状が両極端に現れてしまうのです(T_T)

もともとの悩みはそんなに大きくなかったはずなのに何年もうつで悩んでいる方、原因不明のバセドウ病や橋本病に苦しんでいる方、、、などは足の異常からくる自律神経の誤作動である可能性が高いのです!!!

笠原院長は、それらの方々を見分ける方法をお伝えしています

例えば、鼻筋が顎のラインと大きくずれている方、足首が極端にゆるい方などがありますが、そのひとつに、”目の周りと口の周りが青白い”というものがあります。
マッサージをしても、お風呂でよく温まっても、頬は赤くなるのに目の周り・口の周りだけは青白いままなのです。

最初は分かりにくいのですが、たくさんの患者さんを見ていると段々と分かってきます。
実は先日友人と外出した際、彼女の顔を見るとやはり同じように目・口の周りが白いのでした。
一度気づくとパンダのように見えてきて、そのような会話をしました。

すると彼女は、『実は生理が一年くらいきていない』と話してくれたのです。
自律神経がうまく作動しないと、ホルモンバランスもおかしくなってしまうこともあります。
もちろん原因はそれだけではありませんが、足裏の異常が関係している場合がほとんどです!

これらを治すために必要なのは、足裏のバランスを整えることと同時に首の安静を保ってあげることであり1年~1年半くらい続けるとたいていの方は症状が改善します

足裏バランスはカサハラ式テーピングもしくは3本指靴下で整え、首の安静には首コルセット(ネックバランス)を装着することをオススメします(^◇^)

首コルセットは外見的に抵抗があるかもしれませんが、これから先5年10年と悩むよりはこのの1~2年でしっかり治してしまう方がずっとよいのではないでしょうか(*^_^*)

3本指靴下

首コルセット

もしもひとりで始められるのが不安でしたら、一度カサハラフットケア整体院にお越しください(^O^)/

ご予約  カサハラフットケア整体院 045-861-8558

九州から(^◇^)

今日は、はるばる九州から泊りがけで親子の患者さんが来院されました(●^o^●)

お母様の方は膝の痛みを抱えていらっしゃいましたが、なんと笠原院長の本を熟読しており、既にご自分でサラシを作り固定していらっしゃいました(^-^)

『先生の本に書かれた通りにやっていました、あんなに悩んでた膝の痛みが改善したんです!』

我々も本当にうれしかったです(^O^)/

というのも、笠原院長は『サラシ固定をしっかりすれば、3週間で膝の痛みは半分治る!』
と公言しているにもかかわらず、なかなかサラシを購入し3等分にさき、毎朝自分で自分の膝に巻かれることを実践している方はまだまだ少ないと思います(>_<)

お話をきいていても、水が溜まると抜いたり、湿布や電気療法で長引かせてしまっている方が圧倒的に多く、その後で最後に訪れるのがカサハラフットケア整体院だからです(T_T)

そもそも膝の痛みはなぜ起きるのでしょうか

外反母趾や指上げ足などの足裏の異常があると、重心がかかとにやってきます。
地面からの衝撃を免震昨日のない足のかかとから膝へ繰り返し伝えてしまうからです!!!
小さな衝撃が10年20年と経つと、その被害は膝の痛みとなって現れるのです!

最後に『来てよかったです!遠いけれど、また旅行気分で先生のところに来ます!』
とおっしゃって、帰られました。

膝の痛みにお悩みの方は、だまされたと思ってぜひサラシ療法を実践して頂きたいのです!
本来、膝はとても治りがいい場所であるからです。

サラシ療法で、痛みや炎症が改善されたら、3本指靴下で、指が踏ん張れるようにし、重心がかかとではなく体の中心にくるよう習慣づけることが大切です!

また、靴に免震機能のついたインソールを入れてあげることで、かかとからの衝撃を吸収し、膝に伝えないようにすることも非常に重要なのです(*^_^*)


サラシ療法

3本指靴下

免震インソール

足の冷え

今日は随分暖かかったっですね(^◇^)
春のにおいがしました(^-^)

今年の冬は暖冬と言われましたが、それでも
『足が冷えすぎて寝付けない』
『足指にしもやけができている』といったお声はよく耳にしました。
中には、『夏でも素足では眠れない』と、靴下を3枚くらい重ね履きして来院される初診さんもいらっしゃいました。

そもそもなぜ足が冷えるのでしょうか?
今日はその3つの原因を知りましょう

やっぱりその答えは足裏にありました(*^_^*)

足裏に外反母趾指上げ足(浮き指)などの不安定や歪みがあると、

1、すねやふくらはぎの筋肉がその負担を負って硬くなります。
それが血管を圧迫するため、血行不良となり冷えるのです。

2、歩く時にかかとをつき過ぎて伝わった有害な力が腰の骨を変形させます。
変形した骨が坐骨神経を圧迫させ機能低下させるため血行不良となり冷えるのです。

3足指に踏ん張る力がないため、足指が先の細いの靴に圧迫され形が歪んで血行不良となるのです。

おわかり頂けましたでしょうか?
うっそーと思われた方はぜひご自分の足をチェックしてみてください!

ですので、足の冷えに悩んでいる方は、靴下を何枚も履くよりまずテーピングや3本指靴下で、足裏のバランスを整えることから始めましょう

カサハラフットケア整体院に来院当初は足が冷えてどうしようもなかったのに、3本指靴下を履くように習慣づけてから冷えが信じられないほど改善したといううれしいお声はそれ以上に頂いているからです(-。-)y-゜゜゜


春はすぐそこです\(-o-)/
今年の冬の悩みを来年まで持ち越さないよう、今この時に解決していきましょう(●^o^●)


3本指靴下(BODY-K)

外反母趾のチェック法

指上げ足(浮き指)のチェック法

遠方の患者さんとインソール

今週は雨続きでしたね・・・(T_T)
それでもカサハラフットケア整体院にはたくさんの初診さんが訪れました(^◇^)
昨日も東北や海外から、今日はもっと北の方からの患者さんがお悩みをもって来院されました。

残念ながら、現時点でカサハラ式として認定している治療院やサロンはまだまだわずかで、全国の患者さんを助けられる数には至っておりません。
なので、皆さん『遠くてもまた来ます』とおっしゃってお帰りになります。

そのうちのお一人が、外反母趾靴屋さんで自分専用のインソールをなかなかの高額で作ってもらったとおっしゃっていました。
しかし”足の2指の痛み”が一向によくならないと・・
実はこのような疑問をもって来院される患者さんは非常に多いです

『整形外科で勧められて作りました』
『1か月間もかけて作ってもらいました』
それらを拝見すると、決まって土踏まずの部分が持ち上がった、カーブのついている薄いものであります!

確かに足指に原因の明らかな骨折をした直後ならば、そこを守るという意味でこれらはすばらしい足底板の役割を果たします。

ですが、この方の場合は外反母趾・指上げ足によって、第2指の付け根と長年地面に打ち付けてきたことにより、2指部分が炎症もしくは疲労骨折を起こしてしまっていたわけです。
ですから、その地面からの衝撃をうまく吸収してあげることが一番大事になってきます。

このようないつ怪我したかわからない足の様々な箇所の痛み(4指の痛み・かかとの痛み・指の付け根の痛みなど)に対しては、土踏まずを持ち上げてしまうと指が宙ぶらりん状態になり、かえって指上げ足が進行してしまうのです(>_<)
それがまた新たな不調を呼ぶ・・・という悪循環なのですっ!!!

カサハラフットケアでは、人工筋肉素材の免震インソールをご紹介しています♪
これはカーブのないフラットタイプで、かかとの厚みが7ミリという非常に困難だったことを実現した画期的なインソールです!

その場で履いた時からその楽さを実感して頂けるほど、快適なつくりです(●^o^●)

外反母趾用の靴をわざわざ買うのには勇気がいる・・とおっしゃる方も、おもちのスニーカーにこのインソールを入れてあげるだけでも大きな違いを感じて頂けると思います

ぜひぜひお試しください\(-o-)/

免震インソール(厚型)

便秘のひみつ

先日、便秘やガスに悩んでいらっっしゃる方から、『骨盤コルセットを装着していたら改善してきた』とのお声を頂きました。

足に外反母趾や指上げ足などの“足裏の異常”があると、その負担を膝・腰・首のどこかが補うことで人間はなんとかバランスを保っています。
しかし、それが何年・何十年と継続された時、知らぬ間にその部分が摩耗し、原因不明の不調となって現れます!!!

中でも、筋力の弱い女性は“首”を痛めることが多く、首を痛めると、そこを走っている自律神経の誤作動を引き起こしてしまうのです。
自律神経は私たちの体を無意識にコントロールしている神経で、これがうまく働かないと、うつとそう、低血圧と高血圧、便秘と下痢、拒食症と過食症などの両極端ないわゆる自律神経失調症状に陥ってしまいます。
便秘も自律神経失調症状のひとつでありますが、自律神経失調症は、胃腸の働きを極端に悪くしてしまうのです。

そして更に、小指にタコがあったり、極端な内反小指など小指に力が入らないという方は、歩く時に体が左右に揺れやすくなり、この揺れを防ごうと自然と背中に力を入れてしまいます。
すると、背中の筋肉が固くなり、張ってくるので、腸の「ぜん動運動」つまり便を排出させようとする作用もちゃんと働かなくなってしまうのです(>_<)

フットケア整体院にはそのようなお悩みをお持ちの患者さんも全国各地から来院されます(^u^)

今回のケースで考えられるのは、腰を安定させたことにより、その上の首もうまく土台に乗り、上半身が安定したことで、自律神経がうまく作動して本来のその方の体の調子に戻ったのではないでしょうか?

もちろん、先天的な要因や内科的要因など、他に思い当たる原因があれば医師に相談するのが優先です。

これからはぜひ人間の土台である足裏からバランスを整え、同時にコルセットや新型ガードルを併用して頂ければと思います
そして、少し落ち着いてきたら今度は首のコルセットを着用することで、首の安定を保てればより改善してくることが期待されます。

同じお悩みをお持ちの患者さんはたくさんいらっしゃいます。
少しでもお役に立てばと思い、今回はエピソードを載せさせて頂きました。


便秘について

『健康』掲載!

本日発売の主婦の友社から出ている雑誌『健康』で、笠原院長が大きく掲載されました(^O^)/

今回は、なななんと約20ページもの大々的な特集を組んで頂きました(^◇^)

『意外な病気は足が原因だった』と題しまして、原因がはっきり分からない、ひざ・腰・首のそれぞれの不調はなぜ起こるのか、そのメカニズムについて詳細に書かれています。

『腰が痛かったので、X線を撮ったら腰椎椎間板ヘルニアと診断された』
『立ち上がる時、階段の上り下りに激痛が走り、調べたら変形性膝関節症と言われた』
このようなお話はよく耳にします。

では、なぜそうなってしまったか、原因についてはあいまいにされがちです。
そして、原因が分からなければ正しい治療をすることは難しく、ただ漠然と続けているだけでは、不調を慢性化させたり、悪化させてしまう恐れもあるということです(>_<)
大事なのは時間が経つほど被害が大きくなるということです!
ここにはその答えが書いてあります(●^o^●)

そして特に、外反母趾や指上げ足(浮き指)など足裏が不安定になりやすい女性はその負担を首で受け止めてしまいます。
それが積み重なり、私たちの体をコントロールする自律神経を圧迫・刺激することで、自律神経失調症・うつ・パニック症に陥る女性が今非常に増えているのです(T_T)

他にも、外反母趾の5つの種類、それに伴う気をつけなくてはいけない症状やカサハラフットケア整体院の施術やカサハラ式グーパー体操についても記載されています。
足指のグーパー体操というと、みなさん足の指の力だけで動かすものだと思いがちかもしれません。
しかしカサハラ式グーパー体操は、最初は足指の力だけでは弱いので、自分の手で親指をつかみ、下に向けてグッグッと曲げるものなのです!

また、上級者向けテーピングの代用となる3本指靴下の紹介や初心者向け足裏テープ巻きについても幅広く書かれている充実した内容となっておりま~す(*^_^*)

まとめプラグインv2
02 | 2009/03 [GO]| 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。