スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師・柔整師の共同セミナー

来る8月9日(日)に、福岡は博多にて笠原先生が医師との合同セミナーを開催することになりました(^O^)/
今回は医師と柔整師両方の知識と技術を取得できるチャンスでございます(^v^) 

内容に関しましては、
外反母趾、指上げ足(浮き指)に対する保存的療法の必要性

50才以上の女性の7人に1人という高い割合で起こる足ヘバーデンによるひどい外反母趾について

土台である足裏から全身のバランスを整えるという新しい整体・カイロの姿であるフットケア整体が必要性

柔整師や治療家による「うつ・パニック症・自律神経失調症」に対する施術法

柔整師や治療家ができる巻爪矯正法

といった盛りだくさんのラインナップで4時間半の充実したセミナーになっております
会場は、中洲川端駅よりすぐのところにございます『AQUA博多』です

医師の方々と笠原先生共同のセミナーは、とても貴重な機会ですので、お近くの方はぜひぜひ足をお運びくださいませ(●^o^●)

スキルアップをはかりたい治療家の先生方も、ご自分の外反母趾や指上げ足(浮き指)、自律神経失調症について知識を深めたい方々も大歓迎です(*^_^*)
たくさんのみなさまのご参加、お待ち申しあげておりま~す(^。^)y-.。o○ 

お申込・お問合せ:TEL:0942-39-5561 
フットケアポディストスクール九州校事務局

詳しくはこちら
夏休み緊急『過労性構造体医学セミナー』
スポンサーサイト

夏に向けて・・・

今日は暑かったですね~\(◎o◎)/
梅雨明けももうすぐで、海やプールに行く機会も増える季節になりました(●^o^●)
水着や半そで・短パンなど露出が多いこの時期ですが、女性だったら誰しも一度は悩むと思います(>_<)

『痩せた~い』 
『体型が恥ずかしくて水着着れない』 『こんなに太くては足が出せない』
挙げたらキリがありませんょね(;一_一) 

そんなお悩みにお答えします
外反母趾・指上げ足(浮き指)・扁平足などの不安定な足裏を放置して生活していると、知らぬ間にこれを補おうと、すね・ふくらはぎ・もも・お尻・お腹などに余分な筋肉がついてしまうのです(*_*)

一度ついた余分な筋肉は疲労しないようにと、次第に脂肪を蓄えていき、肥満とともにお腹が出っ張った体型になってしまいます。
それを裏付けるように、扁平足の人は小太り・ズン胴体型が多いですょね(T_T) 

足指を使った正しい歩行ができないために腹筋がゆるみ、足先が踏ん張れず外方向に流れる力が股関節に作用することで骨盤が開き、内臓が下垂したことでお腹が出っ張ってしまうのです(ToT)/~~~ 

これではせっかくの運動療法や食事制限も台無しです(+_+)

その救世主としてご紹介したいのが「3本指のテーピング靴下」なのですっ!
足裏のバランスを整え、足指を使った正しい歩行をすることで代謝も上がり、不必要な筋肉も落ちてくるでしょう(^◇^) 

3本指テーピング靴下

また、「股関節」を固定することで外へ逃げてしまう力を抑えしっかり補強することも大事です
サラシが困難な場合はそれに代わる専用コルセットや専用ベルトで簡単に対応できます。

骨盤ベルト付きコルセット
骨盤・股関節専用ココベルト
人目が気になるだからこそ、どんなダイエットよりもまず、足もとから整えて、健康に引き締まっていきましょう~(^。^)y-.。o○ 

子どもからお年寄りまで

カサハラフットケア整体院には、大正生まれの患者さんもいらっしゃいます

先日も、”元気なんだけど足が痛くて歩けない”という90歳近くの女性が来院されました(●^o^●)

その方は、軟骨がもろく自己免疫疾患のひとつと考えられている”へバーデン”による外反母趾でした(*_*)
べバーデンによる外反母趾は“病変性外反母趾”に分類され、他の外反母趾と一緒に考えてはいけません!
なぜなら、進行性であり膝・腰・首にもそのような特徴がある可能性もあるからです(>_<)

一般的に”へバーデン”というのは、手の第一関節が太くなること症状を指す場合が多いのですが、実は足にもへバーデンは出ます。
足へバーデンは体重が乗る分、変形も著しいのが特徴です(+o+) 
症状が進行すると、親指が鋭角に曲がったり、第2指の脱臼を伴うこともあるのです(T_T) 

その方は毎週かかさずに来院されました。
ある日、お帰りの際に
『お陰さまで本当に痛みがなくなりました、ありがとうございました』
とおっしゃい、
いつものように『タクシー呼びますね』
と申し上げると、
『いいわ、お買い物してからバスで帰るから』
と歩いて行くことにされました。
『痛みがないから歩けるの』
と笑顔で当院を後にしました(^。^)y-.。o○

この”へバーデン”による外反母趾は今、国民病というくらい非常に多いです!!!
へバーデンは進行性ですが、適切な処置を行えば、炎症を抑え、進行を防ぐことができます(*^_^*)

何年も足の痛みをだましだまし治療している方や、変形が激しいことに悩まれている方は、ぜひ一度カサハラフットケア整体院にて診察を受けられることをお勧め致します(^O^)/ 

カサハラフットケア整体院
045-861-8558
まとめプラグインv2
06 | 2009/07 [GO]| 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。