スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スレンダーな足をキープする歩き方」ってあるの?

20080306162901_00001.jpg
 
 足指に力があり足裏が安定している人は脚も細く締まっていて、躍動感や健康美が感じられます。かかと・小指の付け根・親指の3点を使ってバランスよく歩くということは、足裏で力学的に不安定を吸収し、全身のバランスもコントロールして、特に下半身へ余計な負担をかけないので脚に余分な筋肉や脂肪がつかないのです。安定した足裏は自然と美しい細い脚を造っていきます。逆に不安定な足裏は片寄った歩き方をしてしまい、片寄った筋肉が発達し脚を太くしてしまうのです。
 細い脚をキープするポイントは足指を使って3点歩きをし、体が振れないように真っ直ぐ歩く癖をつけること、さらに開脚運動、そして正しく歩ける専用のサポーターや靴で足裏の安定をはかることが何より大切です。
20080306162901_00002.jpg

キープの仕方
次の方法を3ヶ月続けてください。
①最初はお風呂の中で自分の手を使って、少々痛いくらいに足指のグーパーリハビリ運動を続け、次第にその運動可動域を広げていきます。そしてテープで足裏のバランスを整え、体が振れないように真っ直ぐ歩く練習をします。
②歩行矯正テーピング靴下(靴下にテーピングが織り込んである構造)で、正しい歩行をこころがけます。
20080306162901_00003.jpg

グーパーリハビリ運動はこちらを参照ください→http://www.ashiuratengoku.co.jp/004file/16/index.html
3本指テーピング靴下はこちら→http://www.footcareshop.net/SHOP/123514/list.html
スポンサーサイト
まとめプラグインv2
01 | 2017/02 [GO]| 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。