スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフスタイルの変化に伴って症状や痛みにも変化が起きているって本当?

 これまで35年間にわたる治療現場で感じていることがあります。それは、時代の変化やライフスタイルの変化に伴って患者さんが訴える不調にも変化が起きているということです。その変化とは、次の通りです。

①原因のはっきりしない足、ひざ、腰、首などの慢性痛やスポーツ障害の多発
②子どもから大人まで激増している自律神経失調症状(うつ、パニック症など)
③生活習慣病と、それに関わる内臓脂肪症候群(メタボリック症候群)

 医学の急速な発展と共に、現代医学万能、化学薬品(薬)万能と言われる時代になりましたが、確かに、結核やコレラ、チフスなどのような病原菌に対して万能ですが、現代人に激増している慢性痛や自律神経失調症状、生活習慣病に対しては薬だけでは限界があるのです。その点を混同したり、錯覚してはならないのです。また、時として薬漬けという医療から脱出を試みることも必要なのです。
そして、これらの症状を訴える人の90%に足裏の異常となる「外反母趾」や「指上げ足(浮き指)」があり、足裏が不安定になっていたのです。
しかし、現代医学の現状は、慢性痛に対しては痛いところだけ、自律神経失調症状にはその症状だけをみて、決して人間の土台となる「足裏から全身を診る」ことはないのです。
家が傾いたら基礎となる土台から正していくという考えが誰にでも自然に起るはずです。これと同じように、人間の場合も土台となる「足裏」から上部を正していくという考えを最初に持たなければならないのです。なぜなら、私たちは「重力」という見えない負担を一時も休むことなく受け続けており、人間は2本の足で直立するため、体を支える足が重力の負担を最も多くコントロールして、全身のバランスをとっているのです。
20080612190830_00001.jpg

20080612191017_00001.jpg

その結果、重力とのバランスが効率的に保たれたところに「美と健康」が生まれ、運動能力と共に進化が促されているのです。逆に、重力とのバランスが崩れたところに「慢性痛や自律神経失調症状、病気」が発生し、運動能力の低下と共に退化が促されてしまうのです。つまり、重力とのバランスを最も多くコントロールしているところが足裏の機能だったのです。これが、「美を追求していくと健康にたどりつき、健康を追求していくと足裏のバランスにたどりつく」と言われるゆえんなのです。
20080612190953_00001.jpg

20080612191131_00001.jpg

以上のことからも分かるように、原因のはっきりしない慢性痛や自律神経失調症状を人間の土台となる足裏から全身の症状を診断していかなければ治癒に至らず、この部分からの追及が見落とされてしまっているのです。
 皆さんは気付いていないと思いますが、今までの診断法や治療法のほとんどがけがや事故などのように、原因のはっきりしている新鮮な損傷を対象とした医療だったのです。そして、これらに関する内容は既に医学部でハイレベルの理論や治療マニュアルと共に優秀な人材を数多く輩出しております。しかし、その医学部でもたったひとつ重要な理論を見落としてしまっているのです。そのため、治療効果が一定の水準で止まり、今限界に達しているのです。

スポンサーサイト
まとめプラグインv2
01 | 2017/02 [GO]| 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。