スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校での講演

先日、笠原院長が都内の高校にて講演をされました!
高校という教育機関での講演は初めての試みでしたが、実は今回依頼を受けたきっかけがあります。

同校の養護教諭のかたがカサハラフットケア整体院の患者さんであり、ご自身のことはもちろんですが、笠原院長の指導を受けるうちに自分の高校の生徒さんたちについて思い当たることがあったそうなのです。

特に怪我をしたわけでもなく、熱があるわけでもないのに、頻繁に保健室を訪れる子どもたちが多くいるということ、中には教室に向かわず直接保健室に来て一日中留まってしまう子もいること、そして観察するうちにある疑問点に気付かれました。
   
『なぜこのような子どもたちがが増え続けてるのだろうか?原因は何なのか?』

それこそが笠原院長がいつも言っている、時代の変化・ライフスタイルの変化に伴って、今、子供の足にも大きな変化が起こっているのだ!ということです。

その変化とは子供の外反母趾と指上げ足(浮き指)という足裏の異常であり、これに伴って身体と心にも重大な異常が起こっているのです!

今回特に取り上げさせて頂きたいのが、下痢・便秘・ひきこもり・うつ・めまい・頭痛・だるさ・原因のない不調・保健室登校などの子どもの自律神経失調症状であります!

一生の足は小学校3年生くらいで決まってしまいます。この時期にこそ足裏のバランスを整え、正しい歩行をさせ、体に歪みを起こさせないことが大切なのです。

小学校5・6年生から中学生時代は運動量が急激に増えます。この時期に外反母趾や、指上げ足(浮き指)があると体に歪みが起こり、その歪んだところへ運動時に発生する突き上げ(過剰な衝撃波)や左右異なる歩き方による体のねじれ(過剰なねじれ波)が繰り返されてしまうのです。

中でも、足裏の不安定を1番補ってしまう首にそのような力が繰り返されると、頚椎と頭がい骨の間を通る自律神経に誤作動を生じさせてしまいます(>_<)これこそが自律神経失調症へと導いてしまうのです(*_*)

つまり、足裏の異常に伴い重力とのバランスが狂うと、子供も大人も全く同じ痛みや精神症状が現れるのです。


今回の公演を通して、多くの高校の先生方から、ご理解ご納得をして頂けたことを実感し、大変うれしく思います!そして、また次の講演依頼も頂きました。 

ひとりでも多くの先生が子どもたちの異変やその原因について気付かれ、理解を深めることによってひとりでも多くの生徒さんが救われることを願わずにはいられません。

スポンサーサイト
まとめプラグインv2
03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。