スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外反母趾の本

近頃、書店で外反母趾についての本をよく見かけるようになりました。

いろんな先生方がそれぞれの観点から書かれているようなので、もちろん個々のお考えがあるのでしょうし批判する気などは全くありません(^u^)

ただ、中を見ると『正しい歩き方』と題して、”かかとからしっかり着地すること”などと堂々と記してあって非常にびっくりしたと同時に、これを本当に実行したら皆様の身体がぁっ・・・(>_<)と不安になりました。


カサハラフットケア整体院では、『決して膝を伸ばしきって、かかとから着地しないで下さい!かかとから体の上部に伝わる有害な力が膝・腰・首の軟骨を変形させたり、疲労骨折を起こさせるのです』と訴えているのです!!!なのでこんなことをしたら逆効果デス(T_T)

その証拠に、犬の散歩を膝を伸ばしきってかかとから着くように4ヵ月間続けてみて下さい。
膝・腰・首、必ず体のどこかの不調を訴えるようになるはずです。

ちょっと高いところから飛び降りることを想像してみて下さい(*^_^*)
私たちのうちの一体誰が踵から着地しようとするでしょうか???

皆さん指を使って、倒れないようになるべく過剰な衝撃を受けないように、気を付けるはずです。
それは、本能的に人間はかかとから伝わる外力を脳にまで伝えてはいけないという考えが備わっているからです!

正しい知識を身につけて、おひとりおひとりの痛みや症状の改善につながることを願わざるを得ません・・・(>_<)

正しい歩き方とは

カサハラ式歩行教室
スポンサーサイト
まとめプラグインv2
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。