スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足が悪いと首を痛める

 足が悪いとなぜ、首を痛めてしまうのか、その3つのメカニズムを新しい第3の医学「過労性構造体医学」で説明しましょう。
① 積み木の一段目が不安定になっていると、必ずその最上部の積み木は反対側にずらし崩れないようにします。人間もこれと同じように、足裏に外反母趾、指上げ足(浮き指)、扁平足などの異常があると足指が地面に接地しなくなり、踏ん張れず足裏が不安定(悪い足)になってしまい、脊椎の最上部にある頚椎の一番目が傾いてしまいます。首は、土台の不安定を補い易いという特徴があるのです。この傾きは、無意識の内に行われているので気がつきません。更に、人間は積み木と違い「歩く」という動作が加わります。
② 歩くとき足裏が不安定な状態にあると、免震機能(地震の縦揺れと横揺れを防ぐ働き)が低下し歩く度に「過剰な衝撃波(地震の縦揺れ)とねじれ波(地震の横揺れ)」という地震の原理と同じような過労性(ダメージ)の蓄積による破壊のエネルギーが発生してしまい、傾いた脊椎の最上部、特に頚椎の1番目(頭蓋骨と頚椎の接続部)に繰り返し伝えてしまうのです。この1回の破壊のエネルギーはたとえ弱いものであっても1年、2年と繰り返されると過労性が増し、地震の巨大な破壊のエネルギーと同じようなダメージとなって、頭蓋骨と頚椎の接続部を圧迫し続け、次第に変形や微細な疲労骨折などの破壊を引き起こしてしまうのです。
③ 更に、不安定な足裏は、竹馬に乗って歩いているようなもので、日常生活やスポーツなどの環境条件の中で気付かないうちにこれを大きく反復してしまうのです。
 足が悪いと、頚椎の一番を痛めてしまう、その理由をまとめてみると次の3つの破壊のエネルギーが発生してしまうのです。
1. 積み木の一段目の原理で説明したように、足裏に不安定があると脊椎の最上部にあたる頚椎一番目(頭蓋骨と頚椎との接続部)が、足裏の不安定を補おうとして「構造学的歪み」が起こります。

2. 地震の縦揺れと横揺れの原理で説明したように、足裏に不安定があると歩行時に必ず、「過剰な衝撃波とねじれ波」が発生し、歪んだ頚椎に介達外力として伝え、変形や微細な疲労骨折などの「過労学的損傷」を起こしてしまいます。

3. 竹馬の原理で説明したように、足裏に不安定があると「歪み」と「過剰な衝撃波とねじれ波」に日常の生活やスポーツなどの「環境学的条件」が加わり、反復されてしまいます。特に、2の過剰な衝撃波とねじれ波という破壊力を反復性の介達外力となって頚椎に伝えてしまうのです。これが、「足が悪いと首を痛める」というメカニズムだったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめプラグインv2
03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
プロフィール

笠原 巖

Author:笠原 巖
過労性構造体医学創始者
浮き指・外反母趾研究家
カサハラフットケア整体院院長


これまでの38年余りに初検だけで10万人以上の足をみる。

浮き指(指上げ足)・外反母趾など現代人の弱った足・不安定な足が引き起こす、亜急性・慢性損傷・神経不調などの負傷の瞬間を特定できない過労性の損傷に対し、その発生メカニズムを重力とのアンバランスで力学的に解明。

その中から新しい理論である「過労性構造体医学」を確立し、普及を目指し全国各地で講演活動を精力的に行っている。

更に、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、また多数の大手企業からも講師として招かれ活躍している。

特に、新しい理論を応用した多数の特許商品を開発し、ロングセラーとなっている。

テレビや雑誌などマスコミでも年々注目を集めている。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。